コピーライティング

負けない土俵作り|X-Jr.コピーライター(C級)第9話まとめ

投稿日:

Sponsored Link

コピーライター(C級)第9話:内容一部まとめをシェアします。
今回の授業は秘匿性が高い内容に触れています。
さすがにすべてを公開するわけにはまいりませんので、要点だけをかいつまんで紹介します。
※仙人さんが『大きな字で書いてください』と言われた言葉を見出しにしています。

第九話:負けない土俵作り

★クライアント探しとクライアント選び

・コピーライターとして活躍していくためには、クライアント探しだったり、どういふうな仕事を選んでいくか、ということが大切になってくる。

★ダブルセールスレター

・基本的にふたつのセールスレターを用意する。
Ver.1=基本に忠実(スーパーフォーミュラ)
Ver.2=ルールを破るようなオリジナルなアイデア:ホームランか空振り

★違う市場

・他の市場からアイデアをバンバン盗む

★とにかく視野に入れ

・隠れていてもクライエントの目にとまらない。

★ツァイガルニク効果

・ツァイガルニク効果とは……

ツァイガルニク効果(ツァイガルニクこうか、Zeigarnik effect)は、人は達成できなかった事柄や中断している事柄のほうを、達成できた事柄よりもよく覚えているという現象。
ドイツのゲシュタルト心理学者クルト・レヴィンの
「人は欲求によって目標指向的に行動するとき 緊張感 が生じ持続するが、目標が達成されると緊張感は解消する」
という考えに基づき、リトアニア出身で旧ソビエト連邦の心理学者ブルーマ・ツァイガルニク(1901年11月9日 - 1988年2月24日)が
「目標が達成されない行為に関する未完了課題についての記憶は、完了課題についての記憶に比べて想起されやすい」
との事実を実験的に示した。以上がツァイガルニク効果。
さらに、ツァイガルニクらには、未完成の図形と完成した図形についての記憶研究もある。知覚の実験にあっては、未完成図形の方が完成図形に比べて記憶の度合いが悪い。
自分自身の行為を記憶する過程と、視覚像を記憶する過程とは、相異なる法則性に従っている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ツァイガルニク効果


参考:中野信子さんが語るツァイガルニク効果
・多くのクライアントさんは、失敗したプロジェクトや未完成のプロジェクト、売れてない商品、在庫がたくさんのこっている商品にものすごく執着しているので、それを売ってあげる。

★専門分野を持て

・なんでも屋にならない

★トレンドの波に乗る

★値段で勝負しない値段を下げない/安売りしない

★お金についていけ

・お金のあるところに仕事がある

以上、第九話要点まとめでした。

Sponsored Link

Sponsored Link

  • この記事を書いた人

Tasuke

-コピーライティング
-

Copyright© タスケ本舗 , 2018 All Rights Reserved.