ビジネス コラム

ジョブズを継ぐ男 ティム・クックが描く究極の未来

更新日:

Sponsored Link

ジョブズからアップル社を託された「ティム・クック」

iPhoneをはじめ、アップル社の製品をこよなく愛するかじがやのみならず、アップルファン皆が尊敬しているのが、ご存知のスティーブ・ジョブズです。
ジョブズは2011年にがんで亡くなりましたが、そのジョブズがアップル社を託した人物……

それが「ティム・クック」、現在アップル社でCEOを務めています。
ではこのクックが、ジョブズ亡き後のアップル社でしたこととは何でしょうか?

シンプルを好んだジョブズとはちょっと違うクック。
彼は、ユーザーのニーズに合わせて、iPhone6より少し大きめのiPhone6 Plusを発売。

また、ジョブズが好まなかったゴールドカラーのアップル製品を発売。
幅広い層の掘り起こしに成功しました。

実際アップル社の業績は、ジョブズの頃よりクック就任後のほうが上がっています。
最近では、ギリシャ神話の神「タイタン」のコードネームで、自動運転技術の開発にも極秘に乗り出しています。

クックが作った「Apple Watch」

そんなクックが、一から生み出した最初の製品、それが2015年に登場した「Apple Watch」です。

「時間・メールやラインの受信がわかる」などありますが、クックが「Apple Watch」を使って強力に推し進めている「ある機能」をご存知でしょうか?
それは、「ヘルスケア」と呼ばれる健康管理機能です。

最近クックは、「Apple Watch」によって約13kgのダイエットに成功したと発表して、その成果を強調しています。
今日何歩歩いたかがわかる「歩数計機能」や、今日全然動いてませんよと注意を促してくれる「パーソナルトレーナー」のような機能があります。

しかし「Apple Watch」は、それだけにとどまらない「もの凄い可能性を秘めた製品」なのです。
アップル社には「Apple Watch」に関して、以下のような特許技術があります。

血糖値の測定
血圧の測定
体温の測定
発汗量の測定
血中酸素濃度の測定
静脈パターンの測定
生命危機時の緊急連絡の測定

これらが実用化されれば、「Apple Watch」が血圧や血糖値、血中酸素濃度まで測定してくれ、異常があれば救急車まで呼んでくれるようになるのです。
それだけではなく、現在すでに、がんや心臓疾患といった我々にとって重大な病気の早期発見まで、実用可能になっています。

もちろん研究が進めば、今後多くの病気が早期発見される可能性は高いです。
つまり近い将来、「Apple Watch」をつけているだけで、わざわざ人間ドックへ行かなくても、持ち主の健康に異常があれば瞬時に教えてくれる存在になるのです。

もはや「Apple Watch」は、人間の寿命まで左右する領域まで達しようとしているわけですが、こうした開発の動きから、ティム・クックは「あるとんでもないことを実現しようとしているのでは?」といううわさが立っています。
それは「人類の不老不死」です。

「Apple Watch」という名前の理由

実はクックは、がんが進行していたジョブズに、自らの肝臓移植を申し出ていました。
しかし、「君が体を傷つけることはない」と、断固拒否されたという過去がありました。

つまり、ジョブズを救うことができなかったという後悔の念が、クックの不老不死構想の根底にあるのではないかと。
もちろんクックは本気なわけで、それがこの「Apple Watch」というネーミングに込められているのです。

今までジョブズが生み出してきたヒット商品には、「ある共通点」があったことをご存知ですか?
「iMac」「iPod」「iPhone」「iPad」など、全て頭に「i」がついています。
当然「Apple Watch」も、「iWatch」になると誰もが思っていたのですが、なぜ「iWatch」ではなく「Apple Watch」だったのでしょうか?

ギリシャ神話に出てくる「ゴールデンアップル」は、これを食べれば不老不死が得られると言われている果実です。

goldengapple
[出典:黄金の林檎 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E9%87%91%E3%81%AE%E6%9E%97%E6%AA%8E]

クックは、人類に不老不死をもたらすゴールデンアップルを本気で作ろうとしていて、だからこそジョブズが愛した「i」の冠を外してまで、名前に「Apple」を入れたのです。
ゴールドカラーのアップル製品を次々発売しているのも、「ゴールデンアップルを作ってみせる」という決意の現れではないかと。

スティーブ・ジョブズというアップルにとっての神を失ったクックは、今まさに、人類の不老不死という新たな神話を作ろうとしているのかも知れません。

信じるか信じないかは、あなた次第です!
[出典:2017年6月30日放送、「やりすぎ都市伝説SP 2017夏」]

Sponsored Link

Sponsored Link

  • この記事を書いた人

Tasuke

-ビジネス, コラム
-

Copyright© タスケ本舗 , 2018 All Rights Reserved.