コラム

着眼大局・着手小局

更新日:

Sponsored Link

タスケです。
まず最初に、ダライ・ラマ法王の言葉をご紹介いたします。

問題に目を近づけて見てみると、
視界がそれにふさがれて、
やたらと問題が大きく見えます。
けれども、同じ問題を遠くから見てみれば、
自然とその問題のまわりに
他のものが見えてきます。
[ダライ・ラマ14世]


 

狭い視野で見るのではなく、もっと大きな(高い)視点に立てば、問題解決のための糸口が見えてくる。
問題(問い)がある(自分で問題だ、と思うこと)は、必ず答え(解)があるってことです。

視野が狭いといっても、「これは問題だ!」と感じるひとはある程度視界が開けているから、問題と認識するのであって、まだマシだとタスケは思います。
ぱっつんぱっつんなっててU首が丸首に見えているのに、まだその状態を問題と認識できないような人もいるのですから。

そんなこと問題だとすら思っていないのだから、ダイエットは明日から~♪を何年も実行しているの知れませんが……

まあ、そんな軽口はともかく。

ダライ・ラマ猊下は、問題解決のための心構えについて、説いているわけですが。
タスケは、このダライ・ラマ猊下の言葉から、
着眼大局 着手小局』(ちゃくがんたいきょく ちゃくしゅしょうきょく)
という言葉を連想しました。

大局的視点からものごとを見つつ、実際のアクションは事細かに行うということですネ。

とてもグッとくる言葉だったので、図書館で調べてみたら、将棋の升田幸三氏が好んでいた言葉だということがわかりました。
※註:ネットでこれをケンサクすると、荀子(じゅんし)の言葉だと紹介されている方が大変多いようです。タスケには荀子にこの言葉を見つけることができませんでした。

『着眼大局 着手小局』という箴言は、目標に向かって、たとえ小さなアクションであっても着実に確実に積み重ねていくことによって、問題を回避できるということだとタスケは受け止めてます。

問題が起こったら、ダライ・ラマ猊下の教えのような心構えをもって物事に対処していけばいいのではないでしょうか。

(了)

Sponsored Link

Sponsored Link

  • この記事を書いた人

Tasuke

-コラム

Copyright© タスケ本舗 , 2018 All Rights Reserved.