コピーライティング グッズレビュー

ピンク醤油『華貴婦人』大ヒット商品の秘密~バカ売れするにはわけがある。

更新日:

Sponsored Link

『ピンクの醤油』が売れてますネ。

商品名:華貴婦人……読み方は『はなきふじん』
ピンクのカレー(華麗)で話題をかっさらっていって、次はピンクの醤油ということで、さすがに『見た目だけ』で話題になりました。


うっかり、『かきふじん』と読んでしまいそうなネーミング。
『清少納言』を、ついこないだまで、『せいしょう・なごん』と読んでいたタスケがいうのもなんですが、『はなき・ふじん』と読まないように。(笑)

ところで、イマドキの商品って、パッと見、読み方がわからないネーミングが多いですね。
そんな心配をよそに大手ショッピングモールでは、売り切れが続出しているようです。
桃色した醤油の物珍しさから、ものは試しとばかり買っていく人が多いのでしょうか。

うまい! おいしい! まっピンクでびっくりした!などのポジティブなコメントが多いのに、

ピンク醤油 まずいとかの批評がないのがチョッと不思議です。

見た目、激マズそうなピンクの醤油が、そんなに旨いんでしょうか?
そんな素朴な疑問を感じていたところ、ユーチューバーのヒカキンさんがレポートしていました。


『見た目と違って』そこそこ旨いという感想でしたネ。

ギャップのある色がついた食品が美味しく感じるワケ

醤油の色は褐色系だという固定観念がある私達の目の前に、突然!どピンクの液体が入った小皿と刺し身を出されたら、一時的に食欲が減退します。(認知不協和)
しかし、この桃色の液体はこれこれこうでこうやって作られた特別なお醤油なんですよ、と能書きを聞かされて首をかしげながらも恐る恐るピンクの液体に刺し身をさっと浸して食べてみるってえと、これが『意外に』醤油の味がして、まずくないナという認識が生まれるって寸法なんですな。

その瞬間、ピンクの醤油もアリだなと刷り込まれ、二口、三口と進んでいくうちに、違和感がなくなってきます。
それよりも重要なことは、認知不協和の不快感を無意識に埋めようとして、そこいらで普通に売っている醤油と風味は大差ないのに、より一層美味というエラー認識をしてしまうこと。

これが、『青いカレー』とか『ドドメ色のカレー』が見た目より美味しく感じる理由です。
そういった理由で『ピンクの醤油企画』は大成功といえましょう。

ピンクの醤油のヒットで無限の商品アイデアが!

猫の肉球のニオイ入りハンドクリームが話題になっています。
毎日の習慣である肉球のニオイを嗅ぐという行為を、猫なしでも実現出来るようにとの発想からでたものです。
これもなかなか良いアイデアですね。
このように、商品開発のアイデアは無限に転がっています。

実はあなたも、エジソン並みの発明をすることができるのです。
え?あたしなんかアイデア、浮かばないよぉ~

チッチッチ、それはあなたの思いすごしですょ。
アイデアというのは、たくましい妄想から生まれるのです。

妄想…といえば、その昔、
コント55号(欽ちゃん・二郎さん)のコントで、ジロさんが
「想像、しましょう~」
とイヤらしい口調で言っていたのを思い出します。

そう、いっぱいいっぱい想像するんです。
イマジンの世界なんです。
毎日、時間をつくって妄想(想像)するクセをつけると、アイデア脳が活性化してきますよ。

ホント、ピンク醤油のアイデアには脱帽です。
と、書きながらアイデアが溢れだしています。
ピンクのコーヒー
ピンクの紅茶
ピンクの抹茶
ピンクのコーラ
ピンクのみたらし団子
ピンクのウィスキー
ピンクの乳首ドリル
ピンクのペーパー(紙)
ピンク芸人……
アイデアは無限大ですね(^_-)-☆

ヒット商品の秘密

X-Jr.コピーライター養成スクールでは、
第6話と第7話の二回に分けて、ヒット商品の秘密を暴露しています。
そこで語られたことのほんの一部を紹介すると、

・ビジネス成功の決定的要素は商品そのもの(コピーではない)
・商品が強ければコピーはいらない
・商品が売れない理由
・ヒット商品のルール
・ヒット商品のチェックリスト8
・ヒット商品最大の秘密
・誰も気づいていない宝の山
・ネーミングの秘密
・無言で売れる商品とは

今スグにでも知りたくなるような内容ばかりですネ!
コピーライティングを極めれば、自前で開発した商品を大ヒットさせることだって可能なのです。
コピーライターは、ゴミみたいな商品のコピーをかく人ではありません。
コピーを書くべき商品を、慎重に厳選するのが本物のコピーライターです。

『売らんかな』根性のコピーライターは偽物です。
偽物のコピーライターが書いたコピーは、『ゴミ』です。
価値のないもののことを、世間さまは
『ゴミ』
と呼ぶのでございます。

ちきゅうにやさしいコピーを書く!
X-Jr.コピーライター養成スクール
https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopywriterSchool/

Sponsored Link

Sponsored Link

  • この記事を書いた人

Tasuke

-コピーライティング, グッズレビュー
-

Copyright© タスケ本舗 , 2018 All Rights Reserved.