副業・ネットビジネス支援本部

タスケ本舗

コラム

【斎藤一人】自分にも良くて、相手にもいいこと

更新日:

Sponsored Link

何かで迷ったら、思い出して下さい。
「全ての答えは、ひとつだけ。『自分にも良くて相手にもいいこと』」

仕事やプライベートで、いろいろ迷うことってあるよね。
「この問題は、どうやって解決したらいいのかな…」って思ったときに、ぜひ思い出してほしいことがあるんです。

その答えは、ひとつしかありません。

『自分にも良くて、相手にもいいこと』。
これに尽きるんです。

あなたばかりが犠牲になってガマンするような解決法でもダメだし、引手ばかりが犠牲になってガマンするようなことでもダメ。

神が求めていることは、『自分にも良くて、相手にもいいこと』これが「絶対なるマル(◯)」なんです。
「どちらかだけにいいこと」だったら、絶対に長続きしません。
すぐに終わってしまうし、成立しないんです。

例えば、お店だったら、「お客さんにとっていいこと」があって、「お店をやっている人にとってもいいこと」がある。
この両方がなきゃダメなの。

そして、その両者の関係を円滑にするために、「お金」という、『エネルギー体』が必要なんだよね。

例えば、「トヨタ」っていう会社は、自動車を作っているよね。
それで「トヨタ」には、自動車を作るために、働きに来ている人がいるんだよね。

一生懸命、働いてくれた従業員に、トヨタの社長が「愛情と感謝」を示したいと思ったときに、トヨタは自動車を作っているからといって、社員に自動車を配るわけにはいきません(笑)

それよりも、「お金」を渡すと、従業員の人は、そのお金で、自分の好物のステーキも食べられるし、うなぎも食べられる。
そうやって美味しいものを食べて、スタミナをつけて、また元気に働くことができるんだよね。

それから、トヨタが新車を出すと、その新車がほしいと思う人が、「お金」を出して買うんだよね。
その「お金」で、トヨタはまた新しい車が作れて、社員にお給料も払うことができる。

だから、お互いに「いいこと」をするために、「お金」という『エネルギー体』が、どうしたって必要なんです。
そうじゃないと円滑にいかないの。

「お金」というのは、「神の最高のアイデア」なんだよ。

美味しいものを食べて元気を出すこともできるし、寒くなれば、セーターやコートを買うこともできる。
銀行に貯めておくこともできるし、ずっとタンスの中に入れておいたとしても腐らない(笑)
本当に「すばらしいもの」を神さまは作ってくれたんだよ。

だから、「お金」というものをもらえば、それぞれ欲しいものがまんべんなく買えて、幸せな気分になれて、円滑にコトが進むようになっている。

「お金」は、お互いの愛情がうまく流れて、お互いがより一層うまくいくように、神が作ってくれた「大事なエネルギー」なんです。

そして、「お金」というエネルギーがうまく流れていく関係が、『自分にも良くて、相手にもいいこと』という関係なんです。

例えば、働きに行くんだったら、「私、この会社で働けてよかった!」と思うような会社がいいし、会社側も「この人が来てくれて、よかった!」と思うような関係がいいの。
そうじゃなきゃ長く続きません。

どんな問題にぶつかっても、「お互いにとっていいこと」っていうのは必ずあるんだよ。
それが最高の解決策だから、みんなも、迷ったときには、「自分にも良くて、相手にもいいことは何だろう?」って考えてみてくださいね。
そして、それを選べば、まちがいないです。

 

Sponsored Link

Sponsored Link

  • この記事を書いた人

Tasuke

-コラム
-

Copyright© タスケ本舗 , 2019 All Rights Reserved.