コラム

iPhoneで指紋認証させるアップル社の理由とは【都市伝説】

更新日:

Sponsored Link

自宅のガレージを出発点に

様々な製品を世に送り出してきたスティーブ・ジョブズ。
iMacは、それまでパソコンに見向きもしなかった人でさえ、手にとりたくなるような革新的なデザインでした。

イラスト縦

ジョブズ曰く「別の星から来た商品だ」と。
当時、パソコンと言えばオフィスや一部愛好家の物でしたが、これをきっかけとして一般家庭に普及していきました。

画期的だったiPodの登場

音楽を聞こうと思えば、当時はカセットテープやCDを持ち運ぶ時代に、ジョブズの信念は「1000曲をポケットに」。
音楽をデータ化し、何千曲もの音楽をポケットに入れて持ち運ぶことができるようになったのです。

iPod

「もう一度、世界が変わることになる」と明言

iPhone、iPadと、革新的な製品を世の中に送り出し、世界を変えていったジョブズ。
ジョブズは快進撃を続けていた当時、関係者にこんなことを言っていました。

「もう一度、世界が変わることになる。さらに画期的なアイデアを思いついた」

世界を変え続けたジョブズがいう画期的なアイデアとは!?

しかし、残念ながらそのアイデアは、日の目を見ることはなかったのです。
ジョブズは、すでにその頃ガンに侵されていました。

そのアイデアの、具体的な内容を誰にも告げないまま、亡くなってしまったジョブズ。
もう、そのアイデアを知る方法はないのでしょうか?

ジョブズが日頃から、思いついたアイデアを保管していた金庫があります

ジョブズ最期のアイデアは、その金庫にあるに違いないと考えた関係者たち。
金庫を開けることにしたのですが、当然ロックがかかっているため、開けることはできません。

しかし、アップル社の幹部の一人が、金庫のロックを解除するための「ある方法」を思いつきました。
そのため、「ある企業」を買収することにしました。

Sponsored Link

なぜ企業買収が必要だったのか?

金庫のロックを解除するため、企業の買収が必要だったとはどういうことでしょうか?
その理由は、その企業が「ある分野」で有名だったからです。

その分野とは「指紋認証」。
ジョブズの金庫は指紋認証によってロックされていました。

ジョブズ本人は亡くなっているため、開けることは不可能です。
一般的に「同じ指紋を持つ人間はこの世に2人といない」と言われているのですが、可能性はゼロではないようです。

ジョブズと同じ指紋を持つ人間が、世界のどこかにいる可能性があるというのです。

同じ指紋を持つ人間を探すために開発されたのが…

指紋認証の会社を買収した翌年にアップル社から発売された商品があります。
それがiPhone5sです。

iPhone

iPhone5sに搭載されたのがTouchID。
いわゆる【指紋認証機能】です。

iPhoneのホームボタンに指紋を登録し、その指紋でロックが解除できる機能です。
つまり、アップル社の目的は…。

指紋認証機能によって、世界中の人々の指紋データを集めます。
その中から、ジョブズと同じ指紋を持つ人間を探すためだと。

指紋

将来、アップル社から≪世界が変わる製品≫が発表される時が来るとしたら…。
それは、「ジョブズと同じ指紋の人間が見つかった」ということなのかも!?

アップル社は、FBIから情報を提供しろと言われても情報を漏らさなかった会社です。
ゆえに、あくまでもジョブズの指紋を集めるためだけなのだと…。

あなたはこれを信じますか?
[出典:2016年12月23日放送、「やりすぎ都市伝説 2016冬 4時間SP」]

Sponsored Link

Sponsored Link

  • この記事を書いた人

Tasuke

-コラム
-, ,

Copyright© タスケ本舗 , 2018 All Rights Reserved.