副業・ネットビジネス支援本部

タスケ本舗

コラム

【斎藤一人】ズバ抜けて成功する人は「他力」を集められる人

更新日:

Sponsored Link

今回、みんなに話すことは、すっごく大切な話です。
このことがわかると……、ひとりさんがなんで成功できたのかが、よくわかると思います。

あのね……、この世の中で、ズヌけて(ズバ抜けて)成功している人って、いるんだよね。
そういう人には「共通点」があるんです。
それはね……「他力を集められるること」。

「他力」っていうのは、人から応援されたり、人が喜んで手伝ってくれたり、そういうふうに「他人の力」のことなんだけど…、そういう「他人の力を集められる人」っているんです。

この世の中で成功していくには、「自力」と「他力」の両方がいります。

「自力」っていうのは、自分の力のこと。自分で行動したり、自分で工夫したり、自分で努力することだよね。

「自力を出すこと」は、とても大切なことです。また自力を一生懸命出していると『ある程度のところ』までは必ず出世できます。

さて、ここからなんだけど……『ある程度のところ』より、もっと上のところを目指したい……と思ったとするよね。そう、「ズヌけて出世したい!」と思ったら……、「他力」を借りないとムリなんです。

ズバリ言うと、「自力」だけでは限界があるんです。

ひとりさんが生涯納税額日本一になるほどズヌけた成功ができて、そして、ずーっと成功し続けていられるのも、「他力」のおかげなんです。

いままで、ひとりさんが何か事業を始めると、必ず、「手伝ってくれる人」が出てきたんです。

これを言うとびっくりされるんだけど……、いままで、「手伝ってくれる人」がいない時期って、一度もありませんでした。

それどころか、「手伝いたい!」っていう人がホントにたくさん来てくれて、順番待ちになったり、やむなくお断りをしたこともあるくらいなんです……。

これって、実にありがたいことですね)。とにかく、オレが商品を作ると、それを配ってくれたり、商品の良さを伝えてくれる人が必ず出てくる。オレがみんなに料理を作ったりすると、お皿を洗ってくれたり、キッチンを手伝ってくれる人が必ず出てくる。

ひとりさんの人生、ずーっとそうだったんです。

それでね……、みんなが「他力を集めたい!」って思ったときに、「他力」が集まるコツを教えるね。

誰かに何か頼みたいことがあったら、「おだやかに気軽にお願いすること」

よく、何かモノを頼むときに、「決死の覚悟でお願いします!!」っていう人いるよね。あれって、重いよね(笑)

そういうふうに猛烈な勢いで来られると、頼まれる方も一歩ひいちやう(笑)
もっと「気軽」がいいの。

例えば、誰かに写真を撮ってもらいたいとするよね。そういうとき、ひとりさんだったら、こんなふうに頼むの。

「おーい、カメラ得意な人いるかい?フィルムは自分持ちだぞー(笑)」

みんながお願いするときは、「カメラ得意な人はいますか?フィルムも自分持ちでお願いします」ぐらいがいいね。

このぐらい、気楽な言い方がいいの。

よく、こんなふうに言う人がいるんだよね。
「自分は、人にモノを頼めないんです。何か借りを作るような気がしてイヤなんです……」。

あのね、こういう人に言いたいんだけどね……。
実は人って、「自分の得意なこと」や「自分の好きなこと」、それでいて「人のためになること」って、やりたくてしょうがないんです。

ましてやそれが、自分の大好きな人のためになるんだったら……、手伝いたくてしょうがない。

人って、そういう生き物なんです。

だから、人のそういう気持ち(本能)を発揮してもらうためにも、「他力」を借りることは、いけないことではないんです。

むしろ、やってもらうことの方が、「愛」なんです。

ちなみに、「他力」を借りるときに、ひとつだけ注意しなきやいけないのは、「その道のプロ」に頼むとき。

プロにタダでやってもらったり、ギャラをねぎったりするのはダメだよ。

プロのカメラマンさんに「タダで撮ってもらえませんか?」って頼んだり、プロのライターさんに「タダでチラシ書いてもらえませんか?」って頼むのは『ルール違反』なんです。

なぜなら、プロっていうのは、「その道の仕事」でお金をもらって、食べているんだよね。いくら友達であっても、プロに「タダでやって……」って頼んでいると、信頼を失うし、友達もなくすよ。だから注意してくださいね。

プロに頼むのはダメだけど……、素人さんの中でも、何かが「プロ級にうまい人」っていっばいいるんだよね。

そういう人って、自分の特技を何かに役立てたいの。
そういう人って、ギャラもいらないんだよ。自分が手伝ったことに対して、みんなが喜んでくれたり、「ありがとね」って笑顔で言ってくれることが、何より嬉しいんです。

ひとりさんは「他力」を集めることで、ずーっと成功してきたの。

それから、「まるかん」の特約店さんで、繁盛しているお店は、必ず「他力」を集めているよ。「この人のためなら、やりたくなっちやう!」。お客さんをそういう気持ちにさせる、何かがあるんだよね。

最後に……。

「今日、逢う人の振動数を上げてあげたい!」。
そう思って生きている人のところには、必ず「他力」が集まっちやうよ。

そのことだけ覚えていてくださいね。

(了)

Sponsored Link

Sponsored Link

  • この記事を書いた人

Tasuke

-コラム
-

Copyright© タスケ本舗 , 2019 All Rights Reserved.