副業・ネットビジネス支援本部

タスケ本舗

コラム

【斎藤一人】人が喜んで働くようになる条件(3)

更新日:

Sponsored Link

人が喜んで働くようになる3つめの条件を話します。
「人は、『祭り』があると働く」。

人ってね、「お祭り」が大好きなんです。

例えば、昔のお百姓さんって、毎日、畑を耕したり、稲を植えたり、刈ったりしていたじやない。あれって、大変な作業だし、単純な作業だし、よく朝から晩までせっせ、せっせと働けたよな・・・って思うよね。

でもね、お百姓さんには、大きな楽しみがあったの。それが「祭り」なんだよ。1年のうち、作業のあいまに「春祭り」があったり、「夏祭り」があったりするから、それを励みにしてがんばっていられるんです。

だいたい、普通に生きてると、「祭り」って少ないものだよな。普通の人の「祭り」っていうのは、まず生まれたとき。周りのみんなが「誕生おめでとう!」ってお祝いしてくれるよね。

それから、七五三、成人式、結婚式、そして最後に「葬式」。
生まれたときの「祭り」は、赤ちやんだから記憶がないよな(笑)あと死んだ後の「葬式」も、死んじやってるから、わからない(笑)
そうなると、七五三と成人式と結婚式ぐらいでしょ、「祭り」って。こんなに楽しみが少なかったら、がんばれないよね。

この「祭り」を増やすんだよ、自分たちで。だから「まるかん」ではパーティをたくさんやるんですよ。あれは「祭り」と一緒なんです。
普段、一生懸命働いてきた人の「ごほうび」なんですよ。

ちなみに「まるかん勉強会」も、こんどから「まるかん祭り」って名前を変えました。この方が、みんなの楽しみがぐっと増すでしょ?
「勉強」っていう言葉もね、あれもダメなんです。

「勉強」って聞くと、人は「あーあ、勉強か…」って、どこかでどっとテンションが下がるんです。
だから「勉強会」のことを「祭り」って言うと、急にパーッとテンションがあがる。

勉強するときも、教える人が、「はい、いまから勉強をしましょう」っていうからダメなんだよね。ところが、「はい、クイズです!」って言うと、人って急に真剣に聞くんだよ。

それで、答えが当たったら「すごいねえ!」「頭いいんですね!」ってうんとほめてあげる。人は賞賛されるのが、何よりの、ごほうびなんですよ。そうすると、次も、ものすごい夢中になってクイズを解こうとするんです。

人って、そういうものなんです。言葉ひとつで、やる気がパッと上がったり、「あーあ…」ってやる気が下がったりする。それが「言霊の魔法」なんです。

だから、うちの会社が元気なのは、まず、いろんな「ゲーム」があるよね。
それから、「みんなで欲しいもの買おうよ」「ヴィトンのバッグ1個でも手に入れようよ」って「買いやすい雰囲気」もあるよね(笑)それから「パーティ」という「祭り」がある。

楽しいことがいっぱいあるから、働くことが楽しいの。
それを、世の中の大半の人は、「仕事は、やらなきやいけないものだ」っていう気持ちでやってるから、苦しんだよね。しょせん、「人間の本能」からはずれているから、やる気が長続きしないんです。

「ゲーム」や「祭り」は楽しくやるもの
それを「やらなきやいけない」に勝手に変えちやダメだよ。

★人が喜んで働くようになる条件(4)へ続く……

Sponsored Link

Sponsored Link

  • この記事を書いた人

Tasuke

-コラム
-

Copyright© タスケ本舗 , 2019 All Rights Reserved.