副業・ネットビジネス支援本部

タスケ本舗

コラム

【斎藤一人】人が喜んで働くようになる条件(2)

更新日:

Sponsored Link

さて、「人が、喜んで働くようになる方法」の2つめを話します。

「人は、『欲しいもの』があると働く」。

人ってね、「どうしても欲しいもの」とか、「どうしても手に入れたいもの」を見つけると、どんどん働きたくなっちゃうんです。

これはものすごく悪い例なんだけど…、日雇いの人が1日働いて、3万円ぐらいもらえるとするよね。
3万円もらうと、1日働いて、2日ぐらい働かない人が出てくるの。仕事は、適当にやりたいから。そういうふうに思うのが人間だよね。

そうすると親方が、休みの日に、若いヤツを競艇かなんか連れてくの。そうするとバクチ好きな人は、そこでお金を使っちゃって、借金だらけになっちゃうの。そうすると、借金があるから、毎日働きに出てくるの。わかるかな?
働かざるをえなくさせちゃうんだよ。

親方は、若いヤツから、「お金がまだあるから、オレ、今日は働きません」って言われたら、なんとも言えないんだよね。だけど、親方としては、何人か若いヤツを仕事の現場に連れていかなきゃいけないんだよ。

親方が、若いヤツのお金をわざと使わせちゃって、また競艇やりたいから働く:・っていうのと同じように、人って、何か欲しいものがあると、バリバリ働くんだよ。

女の人も宝石いっぱい欲しがったり、バッグもいろいろ欲しがったりする人がいるけど、そういう人のほうが働くんですよ。なぜ働くかっていうと、お金を貯めて、「欲しいもの」を買いたいから。働くことが、それを手に入れるための手段になっちゃうんだよね。

だから、「欲しいもの」が何にもない人って、働かないんですよ。
「欲しいもの」があることって、ありがたいことなんです。

ブランドのバッグが大好きな人っているでしょう?ヴィトンでもプラダでも、新作のバッグをどんどん出してくれるよね。あれって、ありがたいことなんですよ。次から次へと欲しくなるから、次から次へと働くんです(笑)。

だから、「あのバッグがほしい!」とか、「また海外旅行に行きたい!」とか、そういう欲がいっぱいあることは、仕事のやる気を下げないことに、ひと役買ってくれるんです。

★人が喜んで働くようになる条件(3)へ続く……

Sponsored Link

Sponsored Link

  • この記事を書いた人

Tasuke

-コラム
-

Copyright© タスケ本舗 , 2019 All Rights Reserved.