副業・ネットビジネス支援本部

タスケ本舗

ザ・詐欺

【天誅】加藤浩太郎(伊藤公一)GIFTプロジェクト関係者逮捕!

投稿日:

Sponsored Link

『GIFTプロジェクト』加藤浩太郎に天罰が下りました。

加藤浩太郎(本名伊藤公一)はじめインタビュアーの小久保卓、首謀者の八木雄一ら関係者がついに逮捕されました。

「毎月10万円をギフト」動画で情報商材宣伝 詐欺容疑で5人を逮捕

「毎月10万円以上をプレゼントする」と偽り、「GIFTプロジェクト」と称する企画への参加費名目で現金を詐取したとして大阪府警生活経済課は25日、詐欺の疑いで住所不定の自営業、八木雄一容疑者(31)ら男女5人を逮捕したと発表した。投資のノウハウや資産の増やし方などを教える有料情報は「情報商材」と呼ばれる。府警は八木容疑者らが情報商材を販売する手口で、全国の延べ約6800人から約9億2千万円を集めたとみて全容解明を進める。

ほかに逮捕されたのは神戸市垂水区の笠間悠(36)、東京都荒川区の小久保卓(35)、東京都新宿区の赤松愉乃(ゆの)(31)、千葉県市川市の伊藤公一(65)-の4容疑者。府警はいずれも認否を明らかにしていない。また、同容疑で海外滞在の男(26)の逮捕状を取った。

府警によると、八木容疑者らは「GIFTプロジェクト」の宣伝動画をメールで送信。動画では伊藤容疑者が外国為替証拠金取引(FX)などで80億円以上の資産を持つ投資家「加藤浩太郎」を名乗り、「私の活動に賛同してFX証券口座を作れば、口座が連動して私から永続的に毎月10万円をギフトできる」と説明。参加費として約10万6千円の情報商材「GIFTパートナーズ THE FINAL」を購入させ、その後も別の商材を売るなどしていたという。

逮捕容疑は平成29年4~5月ごろ、大阪府や京都府などに住む50~60代の男女5人から、現金約53万円をだまし取ったとしている。

[出典:産経WEST https://www.sankei.com/west/news/190926/wst1909260013-n1.html]

 

2017年4月15日配信メルマガ記事より

10万円あげます!
ただし、10万円払ってくれたら……

正気の沙汰とは思えない、
ジョークだとしても笑えないレベルの奇妙なオファー。
そんな『ギフトプロジェクト』に関するタスケの想いをつづります。

年利400%の投資話 なぜ信じる?

ただで10万円貰えると思ったおめでたい人を釣って、まな板の上にのせたら、もうこっちのもんだ、と。
ハナシをだんだんはぐらかし、微妙に方向性を変えていきつつ、矛盾や嘘でも堂々と語る。

ギフトなどという耳障りのいい言葉をふんだんに散りばめることで、加藤浩太郎氏がまるで慈善活動をしているような、お金持ちのステキなおじさまに仕立てあげていました。

ところがどっこい。
10万円ギフトが、いつのまにか投資案件にすり替わってしまいました。

今回の案件をまとめると、こうなります。

30万円出資で月10万円配当します。
ただし、参加料105,840円払った人のみ。

こんなアヤシゲな投資案件、今どきの児童からでもアヤシ~っていわれてしまいますよ?

見世物小屋のおじさんにクレームをつけた児童の頃のタスケ。
子供なだけにそんな無粋なことをしてしまったわけですが、子供って、そういうインチキに敏感なんですよね。

子どもたちに手品を披露していたタスケ。

「あ、なんか見えた~www」
「あー、インチキだ~www」

って、子どもたちが騒ぎ出しちゃって、もう大変だったんスから。
ま、もっと手品のワザを磨け!ってことなんですが。

で、加藤のおじさんのお話を今どきの児童がきいたとします。すると、こんなハナシで盛り上がるとおもいます。

「ねえねえGIFTってさー、贈り物のことじゃね?」

「だよね?でもこのおじさん、10万円あげる……って、誰にもあげてないじゃんwww」

「そうだよ、せっかくアンケートやったげたのに、バックれるしさー」

「逆に?10万円くれとかいってんじゃん。これインチキじゃんwww」

「てか、10万円くれたら、10万円あげる……って、バカじゃね?」

「そうそう、しかも30万円も口座に入れろってゆってるしwww 詐欺じゃね?」

って、いわれてしまいそうなオファーですよね。

結局、これって
『美味しい話を持ってきたやつだけが儲かる』という、うさんくさい投資話とまったくかわらない図式なんです。

───────────────

ファイナルといいながら、同時に今回何千人もの方がギフトを所望しているといいます。
今現在、何千人もの人が、求めているというのに、なぜ莫大な広告費をかけてまで宣伝しなければならないのでしょう?

その何千人もの人に向けて、募集をかけたら、一瞬でたちまちがっぽり儲かりますよね?
仮に5,000人として、掛けることの約10万円=5億です。
それなのに莫大な広告宣伝費をかけて募集する意味はないと思います。

実は……タスケの知り合いで既に参加しちゃった人がいます。
その人から、逆に勧められて発覚した、というわけです。

「こんな素晴らしい神様のような人がいるのよ。参加しないと損よ!」

と、興奮した様子でした。

まさかあんな子供のような心をもった人が参加するなんて……
まったく思ってもいなかったので、いろんな意味でショックでした。
加藤氏の正体も、六人の投資家も運用会社も不明なのに、なぜ?それを信じる?

そんなことがあったので、今とっても複雑な気持ちです。
最低でも、出したお金さえ返ってくればいいな……と祈るばかりです。

心静カニスレバオノズトワカル

GIFTプロジェクトは、
経歴もなんもわからない人から持ちかけられた
アヤシげな、投資話です。

30万円預けてくれたら、
毎月10万円の配当を約束します。
という、実にアリエナイ話です。

月33%は、年利で400%( ゚д゚)
30万円出資で、毎月10万円の配当を保証する……
なんていう投資詐欺のニュースでもあるまいし、こんな現実離れした投資案件は、一般の人むけに公開で募集することなど、あるわけないんです。

ただし。

違法なヤミ金が、客から月30%ぶんどるっていうのなら、現実としてあるかもしれませんが……
加藤氏のハナシがどれだけ現実離れしているか。

まあ、タスケの話を聞いてください。

───────────────

ひとむかし前、タスケの知ってる人で、高利貸しの『金主』がいたのですが……
その金主を、仮に『エヌ氏』
高利貸しを『珍萬金融』としておきましょうか。

エヌ氏は、自分のふところを痛めること無く、珍萬金融に融通していました。
そのカラクリは、こうです。

投資クラブのような任意団体をつくり、
月に10%以上の配当を約束して、
全国、不特定多数の人からカネを集め、
それを珍萬金融に貸付けていたのです。

で、実際、会員には約束どおり月10%以上の配当をしていました。

エヌ氏は毎晩豪遊したり、複数の愛人(社員)に高額な給料(お手当)を払い、
ブランド品を買い漁り、高級外車を所有し、
免許がないから専属運転手を雇い、豪奢なマンションに住み、
ゴールド・プラチナ・ダイヤを身につけ、ギンギンギラギラな生活をしていたのです。

会員に10%配当しても、これだけ世間ズレした贅沢な生活を送れるわけですから、珍萬金融から、どんだけ利子をもらってたんだ!ってハナシです。

ところで、闇金とかマチ金と呼ばれる高利貸しは、当時どれくらいの金利で客に貸していたか、というと。
たとえば、ミナミの帝王:萬田銀次郎は、トイチ(10日で1割)の利子をつけていました。

月に30%というべらぼうな金利です。

マンガの世界とはいえ、これは現実的な数字で、リアルなヤミ金連中はだいたい月30%~40%が普通でした。
※闇金ウシジマくんのような、トゴ(10日で50%)
月150%という闇金は、みたことないですけどね(^_^;)

さて、加藤氏の投資話にのっかって、毎月33%もの配当を貰うとしたら……
これって、ヤミ金並の違法な金利レベルだし、さしずめ、加藤浩太郎氏の金主みたいなものですね。

ヤミ金連中は、違法を承知でそれを生きる糧にしているわけです。
ところで、こういったヤクザな連中は、汗水たらして、カネ儲けしてると思いますか?

美味しいハナシに群がり、◯ツの毛まで抜く勢いで、喰らいついたら離さない。
骨の髄までしゃぶりつくすとは、よく言ったもんです。

お金がなくて困ってる人にカネさえ貸しておけば、何もしないでカネが転がり込んでくるのですから、勤労の意欲などあるわけがないんです。
で、そういったヤミ金連中の上をいくのが、エヌ氏のような特殊な金主です。

稼ぐのは私(加藤)受け取るのはアナタ。

これって、ヤミ金と金主の関係に似てますね。
ヤミ金が楽して稼いでいるように見えますが、客を脅しつける一方で、
通報されるのを恐れ、びくびくしながらやってんです、実際のところ。
オイシイ話には目がない、不良連中でさえこの有様。

(本当に)楽して儲かるおいしいハナシなんて、
善良な一般市民のところにはなかなか回ってきませんからね。

結局のところ、
『美味しい話を持ってきたやつだけが儲かる』
これが世の道理です。

↑これが理解できたら、もう悟りの境地に入ってます。

決して騙されることはないでしょう。

Sponsored Link

Sponsored Link

  • この記事を書いた人

Tasuke

-ザ・詐欺

Copyright© タスケ本舗 , 2019 All Rights Reserved.