人物

イーロン・マスク|アイアンマンのモデルが人工知能と火星移住計画を語る

更新日:

Sponsored Link

『脳とコンピューターの直結』を提唱するイーロン・マスク

最近、ITの世界では人工知能の改良に大量の資源が振り向けられている。こうしたトレンドの中で時代に取り残されないためにはどうしたらよいだろう? TeslaとSpaceXのCEO、イーロン・マスクによれば「コンピューターと人間がさらに一体化すること」だという。

マスクは以前にも脳とコンピューターのインターフェイスが持つ大きな可能性を論じ、 「ニューラル・レース」〔SF作家、イアン・M・バンクスの創作に登場する脳・コンピューター・インターフェイス〕についても触れている。今週月曜にUAE〔アラブ首長国連邦〕が主催するWorld Government Summitに登壇したマスクはこの点をさらにはっきり述べた。マスクによれば人類は近い将来コンピューターとの一体化をさらに進めることになるという。

デュバイでのマスクの講演は、昨年のRecodeのCodeカンファレンスでの発言を想起させる。マスクはここで「ニューラル・レース」について触れ、こうした脳に埋め込まれたデバイスがコンピューターと人間を直結させ、思考でコンピューターを操作できるようになるとした。

これにより現在のキーボードやマウスを利用するインターフェイスに比べて脳とコンピューターを結ぶ帯域幅は大きく拡大し、逆にレイテンシーは減少するという。CNBCによれば、マスクはデュバイの講演で「われわれは人間と人工知能を共生させるこうしたインターフェイスを必要としている。このような方向で〔人工知能につきまとう〕コントロール問題、有用性問題を解決することができるかもしれない」と述べた。

AIの有用性は単に特定の問題を解決する能力だけでなく、その処理速度の速さにもある。この場合、AIがネットワークを通じて他のデバイスと相互作用するスピードが重要だ。人間がテキストを読み書きするのにに比べて、コンピューター間の情報転送速度は1兆倍も速い。

マスクは「AI全般が持つ可能性は別としても、自動運転テクノロジーだけでも社会を根本的に変革するような影響を与える」と強調した。マスクよれば、自動運転テクノロジーは「人間にとって最大の雇用者になる」という。つまり自動運転が普及することによってどんな職が新た生まれるか、既存の職にどんな影響を及ぼすかを検討することが当面最大の課題だとした。

この点で、脳とコンピューターを直結するニューラル・インターフェイスは一つの解決の方法を示唆する。人間の脳は、さまざまな面で、現在最大のコンピューター・システムの能力を上回っている。マスクは「脳とコンピューターの間にある溝を埋めるようなインターフェイスが実用化されれば人類とコンピューターの間に起こるかもしれない齟齬を食い止めるために役立つだろう」という。ニューラル・レース・テクノロジーを実用化するための研究を続けているとマスク自身が繰り返し述べてきたのは興味ある点だ。
[出典:jp.techcrunch.com]


竹内一正著「イーロン・マスクの野望 未来を変える天才経営者」の本の帯に、
“今世紀、世界NO.1「発明家」、スティーブ・ジョブズを超える男”
と紹介されているイーロン・マスクって、どんな人物なんでしょうか?

脳とコンピューターの直結
なんて意表を突くようなニュースが流れると、必ずこんなことをいう人がでてくるんです。

「それ前から考えてたからw
考えるのは大いに結構なことなのですか、これを実際にやろうと思うと、チョッと勇気がいりますよね。
提唱者のイーロンマスク……果たしてそれを実行するのでしょうか?
自分のアタマで……

イーロン・マスクについてまとめてみました。

1971年6月28日生まれ。
南アフリカ共和国出身で、南アフリカ人の父とカナダ人の母です。
映画『アイアンマン』のジョン・ファヴロー監督が、トニー・スタークのモデルとした男。

10歳でコンピューターを買って、プログラミングを独学で学びました。
10歳は日本でいえば小学4年生、しかも12歳で最初の商業ソフトウェア『Blaster』を販売したそうです。
12歳で既に商売を始めていたんですね。

1989年6月、18歳の時に母親の親戚が多く住んでいるカナダに移住しました。
いとこの小麦農場で働き、穀物貯蔵所の清掃をしたり野菜畑で働いたり、ブリティッシュコロンビアの製材所でのボイラーの清掃や、チェーンソーで丸太を切る仕事などもしていました。

その後、トロントのクイーンズ大学、アメリカのペンシルバニア大学、スタンフォード大学の大学院へ進んでいきました。
ところが、スタンフォード大学の大学院は2日在籍しただけで退学。
弟のキンバル・マスクとともにオンラインコンテンツ出版ソフトを提供する『Zip2社』を起業しました。

この、Zip2社が、のちにコンパック社のAltaVista部門に買収され、
マスクは3億700万USドルの現金と、ストックオプションで3400万ドルを手にいれました。この頃まだ20代。
1999年に、オンライン金融サービスと電子メールによる支払いサービスを提供する『X.com社』の共同設立者となり、2001年にPayPal社となりました。

2002年には、3つ目の会社として、宇宙輸送可能なロケットの製造開発『スペースX社』を起業。
更に電気自動車製造会社『テスラモーターズ社』に投資。同社の最初のモデル「0001」を自ら所有し、2008年10月には同社の会長兼CEOに就任しています。


[画像出典:www.nikkei.com]

2006年には太陽光発電会社ソーラーシティを従兄弟であるリンドン・リーブと共同で立ち上げ同社の会長に就任。
マスクの資産は、2005年時点において3億2,800万ドルとされていましたが、
2017年4月時点では総資産額が156億ドル(1兆6,000億円)を超えたとの報道がありました。

2007年までマクラーレン・F1のオーナーでもありました。
最初の妻はジャスティン・マスクで2000年に結婚しましたが、2008年に離婚。
2番目の妻は女優のタルラ・ライリーで、2010年に結婚しましたが、2012年に離婚しています。なお、前妻との間に5人の息子がいます。

火星に8万人移住計画

人工知能「邪悪化」防止のため1,000万ドルを寄付したイーロン・マスク

イーロン・マスクは、人工知能は将来「核よりも危険」になる可能性があると懸念。その安全性を目指す研究プログラムに1,000万ドルを寄付すると発表した。
[出典:WIRED.jp]

人工知能といえばロボット。
ロボットといえば、
タスケの場合真っ先にイメージされるのが、鉄腕アトムです。

幼少のみぎり、好きすぎて、ひきつけをおこし白目をむきながら鉄腕アトムを歌ってたくらい、アトムが好きでした。
最終回のシーンは、いまでも目に焼き付いています。

太陽の異常活動によって、地球の温度が急激に上昇を始める。
アトムは核融合抑制装置カプセルを太陽に撃ち込むため、宇宙に飛び立った……

鉄腕アトムのロボット法というものがあります。

ロボットは人間に尽くすために生まれてきたものである。
ロボットは人を傷つけたり殺したりしてはいけない。
ロボットは作った人間を父と呼ばなくてはならない。
ロボットは何でも作れるがお金だけは作ってはいけない。
ロボットは海外へ無断で出かけてはならない。
男のロボット女のロボットは互いに入れ替わってはいけない。
無断で自分の顔を変えたり別のロボットになったりしてはいけない。
大人に作られたロボットが子供になったりしてはいけない。
人間が分解したロボットを別のロボットが組み立ててはならない。
ロボットは人間の家や道具を壊してはいけない。

アトムは人類を救うため犠牲となりました。
漫画の世界だからねぇ……といえばそれまでなんですが、
できればアトムのようなロボットの誕生を願いたいですね。
ちなみに、鉄腕アトムの実写版というのもあります。


これを見てから毎夜うなされるようになりました。

イーロンマスク氏の話題からだいぶそれてしまいましたけれども。
いつまでも少年の心を持つタスケに、イマジネーションを与えてくれる、
そんなイーロンマスクさんが
好き

参考資料


イーロン・マスク 未来を創る男 / アシュリー・バンス

Sponsored Link

Sponsored Link

  • この記事を書いた人

Tasuke

-人物
-,

Copyright© タスケ本舗 , 2018 All Rights Reserved.