副業・ネットビジネス支援本部

タスケ本舗

コラム

【斎藤一人】バランスの法則

更新日:

Sponsored Link

今回のお話は、「バランスの法則」です。このことを知っていれば、あなたはずっと成功し続けることができます。大切な「宇宙の法則」なので、よく聞いてくださいね。

数年前に、ある女子のマラソンランナーが、オリンピックで金メダルをとりました。
この子は、すごいがんばって、努力して、金メダルをとったんです。
すると日本中で、彼女のことが話題になりました。

マスコミは「国民的ヒロインだ」とか、「スポーツ界の救世主だ」みたいな報道をして、みんなで彼女の活躍を喜びました。

ここまでは良かったんだけど、その後、彼女に対して、ものすごいバッシングが始まったんです。
彼女の言動を「生意気だ」って言ったり、周囲の人との確執をウワサしたり、
「なんで、ここまでたたかれなきゃいけないの?」っていうぐらい、それはひどいバッシングだったんです。でも、よく考えてみると…

彼女はただ「マラソンが強かった」っていうだけなんだよね。
「国民的ヒロインだ」とか、「スポーツ界の救世主だ」と言ったのは、本人ではなくて、周りの人なんだよね。

彼女のように、何かのジャンルで活躍して、急に有名になると、自分の実力以上に、周りの人から「すごい!」って思われちゃうことってあるんだよ。
「100のもの」が、150とか200ぐらいに評価されちゃうことってあるんだよね。

そうなっちゃうと、その人の「本当の実力」のところまで戻そうとする力が働くんだよ。
これを「バランスの法則」というんだよ。

振り子がギリギリまで振りすぎちゃうと、元の場所に戻るような感じに似ているんだよね。

人って急に出世すると、「ねたみ」や「そねみ」があるっていうよね。
でも、「ねたみ」や「そねみ」じゃなくて、本当は「バランスの法則」が働いているだけなんだよ。

この「バランスの法則」を知っていれば、何かで成功して、うんと周囲からほめられたときに、
「あ、このままだと『バランスの法則」が働いて、元へ戻そうとする力(非難やバッシングなど)が働くな…」と気付くことができるよね。

では、どうしたら、非難やバッシングを回避できるかを教えます。

周りの人に、「すごいですね!」って言われたら、
「いえいえ、たまたま、うまくいっただけなんですよ」
「みなさんのおかげなんです」
「なんか、ただ一生懸命やっていたら、うまく行って…。ホント、運が良かったんです」とか、そういうふうに言うの。

そういうときに、「私も、いろいろ、がんぱったんです」なんて、ホントのことでも、言っちゃダメだよ(笑)
あくまでも「周囲のおかげです」とか「運がよかったんです」と言っておいて、急激に持ち上げようとする力をなだめて、バランスを自分でとるんだよ。

ちなみに、ひとりさんが納税日本一になったときも、おかげさまでそんなにバッシングを受けないで済んだんだよね。

その時に「本を出さないか」っていう話が来て、『変な人の書いた成功法則』っていう本を書いたんだけど…。

なぜ、「変な人~」っていうタイトルをつけたかというと…
例えば、オレは中学校しか出ていないけど、世間の皆さんは高校に行ったり、大学に行ったりしているんだよね。

中には、したくもない勉強を一生懸命やって、高校や大学にがんばって入った人もいると思う。
そういう人の中で、オレみたいな中学しか行っていない珍しい人が納税日本一になっちゃったりすると、
「なんだ、アイツ!」って、おもしろくないと思う人も当然いるよね。

そういうときに、
「いや、皆さんの考え方の方が正しくて、こちらの方が『変』なんです」っていうスタンスでいると、
「そうか、変わった人なんだな…」って、そんなに反感は買わなくて済むんだよ。

みんなも、何かで突然、成功したら、言動に工夫して、自分で自分のバランスをとらなきゃだめだよ。
高いところに行けたからって、ついはしゃいじゃって、飛んだり跳ねたりしていると、落っこちたらケガするからね。

ほめられすぎたら、
「これは、実力じゃなくて、『運』ですから。1回ぐらいうまくいったぐらいで、あんまりほめないでくださいね」っていう感じで言っておくといいよね。

そうやって、「私は、そんなに、たいした者ではありません」と相手に言って、バランスをとっておくことが、実は、成功を続けるコツなんです。

(了)

Sponsored Link

Sponsored Link

  • この記事を書いた人

Tasuke

-コラム
-

Copyright© タスケ本舗 , 2019 All Rights Reserved.